演奏会日誌(4月22日)

いよいよ本番当日を迎えましたヽ(^o^)丿

 

 

名前も同じ。

 

いつも慣れ親しんだ「まろにえホール」ですよ(^^♪

 

 

 

本番前の楽屋風景。

 

意外とみんな、リラックスしてましたね!(^^)!

 

 

 

 

 

本日の主役。

 

 

彼女は独り黙々と音出しをしておりました。

 

午前中の本番は唇が仕上がってないから金管楽器の方は大変ですね

 

クラリネットパート。

 

ほんとに仲良し。

 

クラリネットは木管のかなめ。

 

息が合ってなければ音なんか溶け合いません。

 

音が溶け合ってなければ何人いても太い音にはなりません。

 

なんとマロニエではこの3人で6人分の太くて柔らかい音色を表現します(^^♪

これはすごいことです!!!

 

 

 

 

本番直前。

 

最終打ち合わせをする音楽監督と精神集中(?)をしているコンサートミストレス。

 

 

 

 

いよいよ始まりました。

 

 

張り切ってまいりましょう~~

 

今回の本番はパーカッションなしで参加しました。

 

なのでリズムを決めるチューバがとても重要になります(^^ゞ

(あと刻みを入れるホルンもね)

 

 

 

そしてイケメンコルネットのソリストの登場です。

 

 

本日ご来場のお子様。

 

この「子守歌」ですやすやと眠れたかな~?

 

 

さあ、今回は少人数編成でのマロニエサウンドでしたがいかがだったでしょうか。

 

人数は少なくでもマロニエサウンドの理念は同じ!!!

 

柔らかくて暖かい、すべての楽器がブレンドされた優しい響きを出すのが我々のコンセプトです

 

 

 

本日はお疲れ様でしたヽ(^o^)丿